« 所作 | メイン | キター! »

”の”と”は”

自分は市販薬をあまり使わない、効き目があまりない気がするんでね。
でも唯一自分が使うのは咳止めの薬、これは寝てる時に咳が出て困る時に使う、
これは効き目があるね、年に一回ぐらい使います。
ところで、市販薬に書いてある「この薬の注意書きをよく読んでからお使いください」
もう一つは「この薬は注意書きをよく読んでからお使いください」
たった一文字だが、こうも意味が違ってくる、なるほどね・・・・(^_^;)

インフルエンザ、今年も大流行したようで、かかった方にはお見舞い申し上げます。
そういう自分はまだインフルエンザにかかった記憶がない、予防注射もした事がない、
有難いね~、この年で”もし”かかったら死に直結しかねないからな~。

コメント

 そうですか。咳止めですか。残念ながら、私は病気まみれで病院通いなのに関わらず、ウィルス性の病気とは無関係でして。ウィルスにさえ嫌われたのであろうか(笑)。ついては、私が常備しているのは痙攣止めの薬です。それが起こった時に、その薬があるかないかが問題だからです。一応、市販薬よりも処方薬が強い…というのが世間の常識のようですが。ただ、あんまり効かないとなると、薬というより医師の診断を疑うものでして。実は、明日が一月にいっぺんの診察日でしてね。診断次第で死ぬなどというものではなくて、ただの糖尿病であります。ただ、私の場合、「高脂血症」というおまけがついています。これは遺伝病なので、治すことはできません。実際、何度血を採られたかわかんないですね。

野州無宿さん、こんにちは。
そうなんですよ、咳止めだけは効くんですよね~(^_^;)
風邪は毎年一回ぐらいはひきますけどね、寝込んだり医者にかかるほどではないんです。
孫が少し熱が高かったりするとすぐ医者に行く、体が持ってる治癒力を鍛えたほうが後の為になる気がするんですが、爺としては言えない・・・(ーー;)

野州無宿さん、”ただの糖尿病・・・”って・・・
私の周りにもそれで大変な目にあってる方がいますからね、厄介な病だと思います、どうかご自愛ください。

コメントを投稿