« 春の花など(^^♪ | メイン | ”の”と”は” »

所作

私が若い頃は天皇制なんかいらないと思う派でした。
しかし年を取っていくにしたがい、日本人には天皇が必要だということに気が付き始めた。
政治家だけがこの国の進路を決めるとろくな事がない。
もちろん先の大戦で天皇が政治に係わる危険性を知る事となり、
象徴との位置づけになった。
先日、政府主催の在位30年を祝う式典が行われた。
ほとんどの国民はテレビのニュースでしか見なかったと思う、自分もその一人である。
そこで感銘したのは皇后様の所作。
席に着く時は天皇よりほんの少し後、席を立つ時は天皇より先、そして天皇がメッセージを読み上げる時の
皇后様の立ち位置、椅子の前から少し外れて、静かに聞き入る姿、あの立ち居振る舞いを見ただけで
日本人の礼儀礼節のお手本だと感じた次第。

そしてもう一つ、何年か前、火炎瓶事件がありました、その時に皇后様がとられた行動、
右手を差し出し天皇をかばってる、あの事も自分を感動させてくれた出来事でしたね。

もう一つは、上の書き込みとは全く違う事だけど、もうこれ以上聞きたくないニュースがある、
親の虐待で幼い命をなくした事件、人間てこんなに残酷になるもんだと改めて知った。
頼むからもうこの件のニュースは放送しないで、あの子があまりにもかわいそう過ぎる。

以上、自分の思い込みもあると思いますが、不適切な文章だったらご指摘ください。

コメント

コメントを投稿