« イルミネーション | メイン | 紅葉 »

新旧

先日、来年一年生になる孫が鉛筆削りを買ってもらったと喜んで使ってる。
それを見た爺、ヘ~、こういうものも進化するんだな~。
一番驚いたのは、鉛筆を固定する?装置がない事。
ま、この方式は色々あるようですが・・・。
ちなみに古い方の鉛筆削りは33~4年前に息子に買え与えたもの。
それが今でも我が家に現存してるほうが驚き?(^_^)v

Simg_1878

コメント

こんにちは(^^)
お孫さん、来年一年生、それはそれは、おめでとうございます("⌒∇⌒")
鉛筆削り、最近のは、よく知りません(^_^;)
うちも同じく娘達に買ったキティちゃんの鉛筆削り頑張ってます
30年前くらいに買ったものですね
結構、私が鉛筆使うので使ってます

ユッキーさん、こんにちは。
内孫の妹のほうが来年一年生。
何かと物入りになりますね、息子夫婦が・・・(^^♪

さてこの鉛筆削り、値段は聞かなかったんですが、そんなに高いとは思えませんね。
何より驚いたのが鉛筆を保持する機能がない事でした。

僕が子供の頃は、このような鉛筆削りは教壇の横に一台あるかないかでしたがね、

筆箱の中に小刀(鉛筆削り用)を入れてました、今は刃物はご法度なんでしょうね。
ナイフを使う子供もいない、少しは経験したほうがいいんだけどね。

ユッキーさん家も昔使ってた鉛筆削りを今も使ってますか、昔のものは頑丈だよね~(^^♪

鉛筆削り、長く持つ物ですね。
ちなみに我が家は、ないです。(´Д⊂
まだ見ぬ孫に一つ買うか。AI鉛筆削り器(^^♪

HALさん、こんばんは。
昔はね~、ナイフなんかも持ち歩いたけどね、
今、そんなことしたら警察に捕まっちまう、
こういう世の中でいいんだろかと思ってしまう。

まだ見ぬお孫さんに高級鉛筆削りはどう?(^^♪

 鉛筆削りですか。そういうものをいつまで持っていたかな。というのも、だいたい小学校高学年でシャープペンに移行するからですね。確か、私が小学生の折に買い与えられたのは一応、電動の鉛筆削りでした。机やランドセルを買い与えられて、これから新しい世界に入るのだ、という希望感はありました。が、学校に行くのが楽しかったのは初年限り。学校とは立場上仕方なく行かされる場所になりました。実際、その意志に反したことを強制的にやらされるからです。福井県は教育県と言えば聞こえはいいけれど、何だかどうも縛りがきつそうですね。

 私はとろい人間なので、体育系が苦手でした。鼓笛隊も水泳も組体操もやりたくなかった。にもかかわらず、やらされるんですね。学校って勉強しに行くところではなかったのでしょうか。現実には何でもできる人間などいないのに、そういう人間像を強要される。実際、私は泳げないのです。海なし県の人間ですから(笑)。水泳なんか泳ぎたいやつにやらせておけばいいだろう、と思いますが。

野州無宿さん、こんにちは。
電動の鉛筆削りを買ってもらいましたか、あれは裕福な家庭でないと・・・(>_<)
ま、自分の子供の頃は小刀、極端な話、包丁なども使いましたね、
自分は今でもそうですが貧乏なんですよ(/o\)

子供たちに苦手な事でも色々やらせる、この事で言うと、
野州無宿さんと意見が分かれますね。
子供も大人もそうですが、外見ではその人にどんな才能が隠れてるかわからない、
とりあえず色々やらせてみて、その子が好きな事、興味がわく事、あるいは他の子より抜きん出てる事を探し出すのも学校の目的のひとつじゃないかと思えるようになりました、
もしかすると自分も何かの才能が隠れてるんじゃないか(今頃?(ーー;))、
なんて思う事がありますからね、ま、これは皆無でしょうが(^_^;)

コメントを投稿