« 後悔したくなくて | メイン | 天の川三昧 »

モズのはやにえ(閲覧注意)

棗の木を見てたらこんな物が・・・・
多分モズのはやにえだろう、ミイラになってしまってる、
モズは後で食べるために本当にこんな事するんだろうか?
学者さん教えて!(^0_0^)

Sdsc_6531

コメント

秋に置いたものを食べ忘れたのでしょうか?
良く見つけましたね。
今日は雨・・・・天の川は小休止ですね。

torasaitoさん、こんにちは。
モズが場所を忘れてしまったんでしょうかね~(^。^)
この行動はあまりはっきりした事はわかってないみたいですね。
ナツメの木には尖った部位がありますから刺しやすいでんでしょうね。

雨ですね~、何にもやる事がないです、ゆっくりの日曜です(^^♪

 言われてみれば確かにそうですね。エゾリスなぞは秋のうちに木の実を埋めておいて、冬になると掘り出して飢えをしのぐそうですが、そういう食物の貯蔵という意味合いはなさそうですね。人間の古代社会の生贄みたいなものかなあ、と素朴に思いますが、この手の何だかよくわからない疑問を私は「積年問題」と呼んでいます。「長年考えているけどわからない」という意味ですね。先頃始まったNHKの番組「チコちゃんに叱られる!」にこの一件を持ち込んでみるのはいかがでしょうか。実際、その道の研究者じゃないとわからないのではないかと。


 ところで、はなはだ私事ですが、私は四月の頭から皮膚科で紫外線治療というものを受けていまして。試着室くらいの大きさの照射装置がありまして、その中に入って観音開きの扉を閉められて四方から紫外線を浴びせられるのですね。問題は紫外線照射の際は真っ裸だということですね。さすがに恥ずかしいと思う年ではないけれど、真っ昼間にスッポンポンというのは内心忸怩たるものがあります。パンツも脱がされますし。医療行為にしても、ポコ×ンにまで紫外線を浴びせることに何の意味があるのかなあ。これまた「積年問題」でしょうか(笑)。

野州無宿さん、こんにちは。
動物の生態はわからないことだらけですね。
ネットで検索してみるんですが、本当のことは誰にもわからないらしいんです、
ま、そのほうが面白いですね。
それとは別ですが、この”はやにえ”と”カマキリの卵”の地面からの高さ、
11月頃ですかね、雪国のこちらでは少しですが話題になります、
低いとこの冬は雪が少ないとか、高いと大雪になる、昔からの雪占い?でしょうか。
今年の大雪、どうだったのか、検証したい気持ちにもなりますが、
突き詰めない所がまたいいんですよね~(^^♪

色々な治療がありますが、銭湯でさえタオルで隠すものですしね、
無防備にさらけ出すのは少し抵抗がありますね。
その点、女性の出産には頭が下がります、開き直りですかね(^_^;)

コメントを投稿